×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カーレースドライバー中嶋悟 情報!

カーレースドライバー中嶋悟

カテゴリー :カーレース ドライバー

カーレースの中でも、F1のファンは日本のみならず、世界各国に数多くいます。
カーレースのドライバーとして、タイトルは手に出来なかったものの、日本人F1ドライバー初のフルタイム走者になった中嶋悟さんをご存知ですか?

1987年にホンダからデビューし、チームメイトにはあの、アイルトン・セナがいました。短い期間でしたが、セナと共に日本におけるF1ブームを巻き起こしたのが中嶋悟さんです。

1989年には、日本人F1ドライバー初のファステストラップ(最速周回記録)を記録し、4位に入賞。2004年に佐藤琢磨さんがラップリーダーを記録するまでは、日本人で誰一人として、(1位)という記録を獲得出来た人はいませんでした。

引退した後も、カーレース元ドライバーとして、新人ドライバーの育成などを積極的に行い、佐藤琢磨さんなどのドライバーを輩出しました。
レースからは離れてしまいましたが、中嶋悟さんの息子がF1デビューを果たしましたので、これからも中嶋家から目が離せませんね。

コラム > カーレースドライバー中嶋悟 について書かれています。

カーレースドライバー佐藤琢磨

カテゴリー :カーレース ドライバー

カーレースにおけるF1レーシングドライバーの佐藤琢磨選手がSRS−F(ホンダと鈴鹿によるフォーミュラカーを用いたレーシングスクール)に入門したのが大学の時。

それまでは自転車に夢中になっていたといいます。

3歳から補助輪無しで自転車を乗りこなし、高校では自ら立ち上げた自転車部でインターハイに出場、そして優勝を経験。行動力と執着心も人より飛びぬけていたんでしょうね。
そんな折に、連れていってもらった鈴鹿サーキットでのF1の走りに取り憑かれ、カーレースのドライバーになることを胸に誓ったそうです。

現在は「スーパーアグリF1チーム」に所属し、日本人で過去二番目に表彰台に上り詰めたドライバーとして、チームメイトのアンソニー・デビッドソンと共に奮闘中です。

コラム > カーレースドライバー佐藤琢磨について書かれています。

カーレースドライバー鈴木亜久里

カテゴリー :カーレース ドライバー

カーレースにおける、日本人F1レーシングドライバー初の表彰台を飾ったのが、鈴木亜久里選手です。

デビューは、1988年。ラルースチームのドライバーである、ヤニック・ダグラスが中耳炎で急遽欠場になったことで、スポット参戦という形での異例のF1デビューでした。(鈴鹿サーキット場へレポート中継に向かうため、新幹線の中で参戦を聞かされたそうです)

日本人で最もF1ドライバーとして有名で知られる鈴木亜久里さんですが、実は、そのF1人生は苦難続きでした。

アジア人初の表彰台という名誉を手に入れたものの、その後は、バブル崩壊によりチームへの支援金が大幅にカットされるなど、またマネージメントディレクターとの確執等で移籍を繰り返し、最後はデビュー戦を飾った日本グランプリにてクラッシュをし、骨折などの重傷のためそのままカーレースドライバーからの引退を表明、オーナーとしての道を選びました。

コラム > カーレースドライバー鈴木亜久里について書かれています。